忘れていませんか?転居の際に準備しなくてはな

忘れていませんか?転居の際に準備しなくてはならないことの一つがインターネット回線のプロバイダーへの連絡です。
これが盲点だっ立という方も多く、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、はじめて移転手続きが終わっていなかったことに気づいた、という悲劇は後を絶ちません。
人の移動が多いときには工事が数週間待ちという話もよく聴きます。少なくともプロバイダーへの連絡は、抜けのないよう、早めに終わらせましょう。引っ越しのため、自分のものを全部整理しました。クローゼットの中を全部開けてみたのですが、ここまでいらないものばかりだったかと我ながら呆れました。
奥の方から出てきた服は持っていたことを忘れるくらい長くしまっていたものがありました。思いがけず、転居のおかげで仕分けして処分することになり、自分の持ち物も、自分の心も整理することができました。
あいさつは転居にとって欠かせません。今でもやはり、転居元・転居先の隣近所へ忘れずに挨拶するのが良いでしょう。
あいさつをしておかないと隣人関係で軋轢が生まれることもあるからです。普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。円満に解決するためにも、隣近所の人には、可能な限りきちんとあいさつに伺った方が好印象でしょう。冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越し作業の人が運搬するのを見ている時には、どこかにぶつけたりしないか、などと心配になってしまいます。
段差に引っかけて落下指せてしまい、壊れてしまっ立といった風になってしまうとガッカリしますから、見た目にも丁寧に荷物を運んでくれる引っ越し業者は信用でき、頼りにしています。転勤族なので転居は何度も経験していますが、作業は私も共になってやっており、今まで一度も、引越し荷物を荒くあつかう会社に当たったことはなかったです。
でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償をうけられる仕組みがありますから、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせずプロに丸投げした方が、もしかしたら損しないのではないか、と思うようになりました。
快適で安全な住環境を構成しているのは家や部屋の中だけではありません。
良好なご近所関係も住環境の一部です。
円滑な関係作りのためにも、転居たら、ごあいさつを早く終わらせておきましょう。無難なおみやげを用意してあいさつに伺いましょう。
簡単なあいさつと、ご近所に伝えなければならないことが言えれば良いので、とにかく好印象を与えるよう努めましょう。
まずは第一印象です。
転居の時に運ぶ引越し荷物の梱包を自分で済ませてしまう人は、とても多いようなのですが、引っ越し会社のプランには、荷物の梱包についても業務の一つとして、メニューに入っています。沿ういったシステムなら時間をとる梱包作業は会社にしてもらうことを、おすすめします。業者の方が作業には慣れていて、時間もかかりませんし、もし何か問題が起こった時には梱包作業をした会社がその責任をとり損害の程度に応じて弁償を行ってくれる可能性もあるからです。
沢山のものに囲まれた生活を日々送っている方にとって、転居を考えるときに、おそらく一番重要なのは荷造りが終えられるかどうかです。
ものが多すぎて整理しきれず、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすれば引っ越しができないのではないかと思うかもしれませんが、これもチャンスだと思いきってどんどん捨ててしまうようにすればぐっと整理が進むはずです。
この間、引っ越しの前に業者さんから見積もり(数社から見積もりをとり、どこに依頼するのか検討するというのが一般的です)を出してもらいましたが、大きな疑問を感じてしまいました。
実は、液晶テレビを運ぶのには特別な保険が必要だと言われたのです。
引っ越しの引越し荷物として40型の液晶テレビがあっ立ため、購入し立ときの価格が30万円以上の品は、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。
業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、どこの会社さんでも同じなのか他の方のお話を聴きたいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ