様々な病気を患い心細い患者にとっては頼りに

様々な病気を患い心細い患者にとっては頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、現実にはナースの勤務実態は大変厳しいことが多く、おぼえる必要のあるシゴトや器具のチェックなどシゴトは多岐に渡り、それが患者の命にか代わる事もある為に、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。
ですから、ナースによっては鬱を発症するケースも今では珍しくありません。
ナースに多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。
医療の現場に携わるシゴトとあって、看護師は緊張の糸を切らすことが中々できず、こうした生活がつづくと大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。ですから、身体に負担がかかるシゴトである上に、心にも大きな負担がかかるということになります。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。
解消の仕方を捜し出せるかどうかと言うのは、ハードなシゴトである看護師を、長く続けていきたいなら重要視した方が良いようです。看護師となるための国家試験は、1年に1度おこなわれます。
NURSE不足が問題となっているわが国のためには喜ばしいことに、ここ数年の看護師資格試験に合格する確率は90%前後とまあまあ高い水準を保っています。ナース資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準以上であれば合格できる国家試験です。
病棟に勤めるNURSEは、夜間も常に患者のケアにあたるためシフト勤務を避けられない職業の一つです。
シフト勤務の時間帯については、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。
一般的に、2交代勤務だとシフト勤務が長時間になり、対する3交代勤務の夜勤ではシフト勤務の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。求人に応募しようとする病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、調べておきましょう。よく言われているように、看護師と言うのはとてもきついシゴトです。
病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当する事もあり、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、必要な人には、身の回りの世話や手伝いといったこともシゴトの一つです。
緊急オペがおこなわれることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、少々混乱してしまい沿うなくらいにてんやわんやと忙しいこともあったりします。
日々、NURSEの激務に追われてはたらき続けていくと、つらいこと、大変なこともあります。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを頭の中で検討していても、おかしなことではないだと言えるでしょう。
他と比べるとまあまあゆったりしている診療科としては、人命にか変らないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などだと言えるでしょう。
ところが、専門性の高さですとか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、業務のハードさについては差があります。ナースとはどんなイメージをもたれているかといえば、白衣の天使という呼称があるほど、世間一般では良い印象をもたれていることが多いと言えます。
けれども、昨今の看護師のはたらき方の実情を鑑みると、収入はそこそこあるとはいっても、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているためす。
肯定的側面を見るだけではなく、本質的にナースの労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要だと言えるでしょう。
ナースがシゴトを変えるタイミングとしていつが良いかというと、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、具体的には1月、6月がおすすめです。実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、より良い雇用環境に就くためにも、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。すぐにでも次のシゴト場へ行きたい事由がある人以外は、就職情報が活気付いてくるまで控えるのがよいだと言えるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ